医総研セミナー・シンポジウム開催案内

 

第26回医学総合研究所セミナー(大学院特別講義)

「医薬品開発と薬事規制」開催のお知らせ

 

 

臨床現場で日々診療を行う多くの医療関係者、大学院生、医学生にとって、薬事規制に関する知識は縁遠いものであり、その中身について学ぶ機会は極めて少ない状況です。しかしながら、「医療の発展」という同じ目標を掲げるPMDAと臨床医及び研究者との間に存在する、視点の「違い」を理解することで、両者はより協力的な関係として効率的な医療の開発に繋げられる可能性があります。

 

絶対安全、絶対有効と云える医薬品は世の中に存在しない中で、開発された物質がどのように社会実装されるべきか、限られた科学的な情報を基に前に進むPMDAの現在についてご講演いただきます。

また、医薬品承認までの道のり、明日から使える医薬品の添付文書の読み方と考え方、いわゆる「ドラッグラグ」の正体、情報収集困難な希少疾患に対する医薬品開発といったテーマについて実例を踏まえながら情報提供して頂き、今後の医薬品開発に繋がる議論を行う場となれば幸いです。

 

是非、多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております。

 

 

日 時 :平成30年7月9日(月)18:00~19:00

場 所 :東京医科大学病院 自主自学館 3階 大教室

演 題 :医薬品開発と薬事規制

講 師 :独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)

     新薬審査第五部 専門委員 黒川 友哉 先生

 

お問い合わせ:医学総合研究所・知的財産探索・技術移転部門

       稲津 正人(大学内線209)

 

 

【終了】第25回セミナー(大学院特別講義)

日 時 :平成30年4月20日(金)18:00~19:00

場 所 :東京医科大学病院 自主自学館 3階 大教室

演 題 :悪性腫瘍に対する陽子線治療

講 師 :メディポリス国際陽子線治療センター センター長 荻野 尚 先生

問合せ先:医学総合研究所 教授 稲津 正人

 

 

【終了】「テクニカルセミナー」

日時:平成30年2月16日(金)18:00~19:00

場所:第1看護学科棟2階 201講義室

演題:「ゲノム編集による変異導入個体の簡便迅速選別法

    ~全自動電気泳動装置 MultiNA 活用術~」

講師:島津製作所 大杉 義彰 氏

問合せ先:医学総合研究所 教授 稲津 正人

【終了】第24回セミナー(大学院特別講義)

日時:平成29年11月20日(月)17:00~18:30

場所:基礎新館2階 211講義室

演題:「今、走査型電子顕微鏡で何が出来るのか?-走査型電子顕微鏡の生物試料への応用の現状-」

講師:日本電子株式会社 山口 裕樹 氏

問合せ先:医学総合研究所 教授 稲津 正人

 

【終了】第23回セミナー(大学院特別講義)

日時:平成29年10月19日(木)18:00~19:00

場所:東京医科大学病院 新教育研究棟(自主自学館)12階1201会議室

演題:「秘伝!論文の書き方・通し方」

講師:大阪大学 医学研究科 病理学 仲野 徹教授

問合せ先:分子腫瘍研究部門 講師 梅津 知宏

【終了】第22回セミナー(大学院特別講義)

「TEMセミナー」開催のお知らせ

日時:平成29年9月29日(金)18:00~19:00

場所:東京医科大学病院 自主自学館3階大教室

演題:「いま、透過電子顕微鏡で何が出来るのか?-生物組織内での微量金属の分析-」

講師:日本電子株式会社 TEMアプリBioTeam 濱元千絵子氏

問合せ先:医学総合研究所 教授 稲津正人、助手 國場寛子

 

 

【終了】第21回医学総合研究所セミナー(大学院特別講義)

「医薬品分野の研究開発を活性化するための知的財産の活用法と注意点」

開催のお知らせ

 

 

医学総合研究所 所長 西岡 久寿樹

                                      教授 稲津 正人

 医薬品の研究開発には、多くの時間と多額の費用を投資して行われますが、特許期間が満了するまでに、これらの投資した費用を回収する必要があり、知的財産による市場での独占的排他権の確保は必須であります。また、アカデミア発の医薬品・医療機器シーズを臨床の現場に届けるためにも、企業への導出を見据えた知財戦略を描くことが非常に重要であります。

 

 本セミナーでは、日本医療研究開発機構(AMED)の知的財産部の知的財産コンサルタントを講師に招き、「AMEDの概要説明、医薬品分野における知財の重要性、臨床研究や創薬研究における知財戦略の考え方等」について、具体的に分かりやすくご講演頂きます。

 

 AMEDからの委託研究を実施されている先生は、是非ご参加頂きますようお願い申し上げます。

  

 

 

日時:平成28年11月11日(金)18:00~19:00

場所:東京医科大学病院 教育研究棟(自主自学館)3階大教室

   アクセスはこちら

 

演 題:「医薬品分野の研究開発を活性化するための知的財産の活用法と

     注意点

講 師: 湯浅 浩司氏(日本医療研究開発機構(AMED)知的財産部

               アソシエイト知的財産コンサルタント)

 

お問い合わせ:医学総合研究所・知的財産探索・技術移転部門

       稲津 正人(大学内線209)

    

 

 

 

  医総研セミナー・シンポジウム開催報告


第19回医学総合研究所セミナー(大学院特別講義)

「トランスポーターを分子標的とした創薬」を開催いたしました。

     




獨協医科大学医学部薬理学講座主任教授の安西尚彦先生をお招きし、第19回医総研セミナー(大学院特別講義)を開催いたしました。安西先生には基礎的なトランスポーター研究から臨床応用を目指したトランスレーショナルリサーチについて「アミノ酸トランスポーター」を中心にお話しいただきました。

学部生から基礎医学、臨床医学にたずさわる研究熱心な先生方にお集まりいただき、本セミナーは盛会の内に終了いたしました。

ご協力・ご参加をいただいた皆様には心より感謝申し上げます。


≪セミナー概要≫


 

 

   日時:平成27年9月2日(水)18:00~19:00

   場所:東京医科大学病院 新教育研究棟3階大教室

      →アクセスはこちら

 

   講演名:トランスポーターを分子標的とした創薬

   講師: 獨協医科大学 薬理学講座 

       主任教授 安西 尚彦 先生

 

   座長: 東京医科大学 医学総合研究所(知的財産探索・技術移転部門)

       准教授 稲津 正人

 

  


部門紹介

●基盤研究領域

 免疫制御研究部門

 運動器科学研究部門

 難病分子制御学部門

   小児難病部門

●シンクタンク機構

 知的財産探索・技術移転(TR)部門

 臨床研究コンサルテーション部門

・国際保健医療部門

・医療政策

臨床共同研究センター

 分子生物・細胞部門

 病理・画像部門

●中央校舎共同利用研究室

●寄附講座

 分子予防医学

 未来医科学研究

●産学連携講座

 バイオミメティクスシンパシーズ

 (BM-S)幹細胞治療学研究