副所長(研究部門)

 

東京医科大学の医学総合研究所は、東京医科大学の研究力の向上のため平成22年に設立されました。その後、研究所は付置研究所の組織となり、平成30年度より林由起子学長が所長に就任され現在に至っています。

さて、本学のような医科大学の使命は、改めて述べるまでもなく「臨床」、「研究」、「教育」の3つの要素を高度に実践し、社会貢献をする事であります。その中で医学総合研究所の役割は「研究」の領域において極めて重要な役割を担うものと考えます。そして、研究力の向上は大学の足腰をささえるものと考えます。

さて、昨今橋渡し研究の重要性が社会的にもいわれ、各大学でTLOが設置され、シーズの発掘が大学内で重要視されています。また、産学連携が活発なアメリカのシステムと比較され、産学連携の為の組織構築を含めて様々な議論が行われています。本学でもAROの機能をもった、臨床研究センターが設置されました。しかしながら、革新的な新薬、治療技術の発展には、まずは基礎研究こそが第一です。抗体医薬品、分子標的医薬品、核酸医薬品、CART療法は、いずれも地道な基礎研究から生まれたものです。そこで、医学総合研究所は、今あらためて研究の重要性を考えて活動していきたいと考えています。関係者各位の皆様方のご支援をお願い申し上げます。

医学総合研究所 副所長

 黒田 雅彦

 

副所長(共同利用研究部門)

 

 医学総合研究所(医総研、Institute of Medical Science; IMS)は、平成22年1月1日付けで設置され、平成31年度からは10年目を迎えようとしています。

 医総研のミッションは難治性疾患の先端的治療法の開発・臨床応用を目指して研究を行うと共に、あわせて医療政策の立案提言を幅広く行い、東京医科大学における医学研究の高度化の推進を目指すとあります。後者に関しましては、佐藤先生、稲津先生とともに臨床共同研究センターと中央校舎共同利用研究室の運営に行い、附置研として経常費補助金を頂けるようになりました。また、当初から行って参りました科研費に関する取り組みも、着実に実を結んでいることも周知のことと存じます。大学院教育における外部資金に関する講座も開設していただきました。4年を経過し最終課題である、科研費の申請書を提出し、添削させていただけた大学院に所属する方も120名を超えました。

 本学の研究環境の整備・高度化に私たちも少しでもコミットできますように日々、精進してまいります。ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

 

医学総合研究所 副所長

中島 利博

 

部門紹介

●基盤研究領域

 免疫制御研究部門

 運動器科学研究部門

 分子細胞治療研究部門

 難病分子制御学部門

●シンクタンク機構

 知的財産探索・技術移転(TR)部門

 臨床研究コンサルテーション部門

・国際保健医療部門

・医療政策部門

臨床共同研究センター

 分子生物・細胞部門

 病理・画像部門

●中央校舎共同利用研究室

●寄附講座

 分子予防医学

 未来医科学研究