所長挨拶

 東京医科大学医学総合研究所は2008年に発足した「難病治療研究センター」を母体とし、より発展させる形で2010年1月に設立されました。その活動は、基礎医学研究を強力に推進する研究部門と、研究の推進を全学的にサポート、底上げする共同利用部門とに大きく分けることができます。

現在、免疫制御、運動器科学、分子細胞治療、難病分子制御という4つの研究部門が最先端の研究を推進しています。一方で、新宿キャンパスに中央校舎共同利用研究室、西新宿キャンパスに臨床共同研究センターという共同利用部門が設置され、トランスレーショナル部門、コンサルテーション部門とともに、大学全体としての研究活性化に要する様々なニーズに十分に応えられるサポート体制を整えています。

近年、医学部は研修医制度や専門医制度の変更、臨床業務の負担増などにより、大学でありながら研究時間の確保がきわめて困難な状況にあります。一方で基礎研究は医学の進歩のために、ひいては人類の幸福のためになくてはならないものです。医学総合研究所を中心に、基礎医学・臨床医学の各分野との共同研究を活性化し、アカデミア間や産官学の連携の強化を図り、全学的な協力体制のもとで、本学の研究力を戦略的に向上させていきたいと思います。

 

 

医学総合研究所 所長

林 由起子

部門紹介

●基盤研究領域

 免疫制御研究部門

 運動器科学研究部門

 分子細胞治療研究部門

 難病分子制御学部門

●シンクタンク機構

 知的財産探索・技術移転(TR)部門

 臨床研究コンサルテーション部門

・国際保健医療部門

・医療政策部門

臨床共同研究センター

 分子生物・細胞部門

 病理・画像部門

●中央校舎共同利用研究室

●寄附講座

 分子予防医学

 未来医科学研究