分子細胞治療研究部門 落谷孝広 教授

研究スタッフ

 

教  授 落谷  孝広

講  師

吉岡  祐亮

助  教 木暮  暁子

助  教

井上  文子
兼任助教 安部  麻紀
兼任助教 栗山  直也
兼任助教 田村  貴
兼任助教 澤田 和可子
兼任助手 永本 紗也佳

研究概要

 分子細胞治療研究部門のミッションは、がんを始めとした様々な疾患の新しい診断法や治療法の確立を目的とした基礎研究の推進です。例えば、がんの病態がそうであるように、がん細胞の顔つきも複雑かつ多様性に満ちています。このような、がん細胞の特性を理解するためには、多方面からのアプローチが必要不可欠であり、そのための日々の技術革新と創造豊かな研究の発想が求められています。本分野のキーワードは、核酸医薬、生体イメージング、ステム細胞、再生医療、細胞工学、分子腫瘍学であり、これれらの領域で蓄積した経験を基礎に、常に新しい分野の開拓にチャレンジしてきました。その結果、我々の研究室は、核酸医薬を医師主導治験にまで推し進め、またマイクロRNAの前臨床試験や体液診断の実用化開発を発展させています。さらに、がん細胞が自ら分泌する細胞外小胞(エクソソーム)に注目し、そのコミュニケーション能力を武器に宿主での生存をかけたエクソソームの戦術を次々に明らかにすることで、がんの新たな理解に迫ろうとしています。特に、エクソソームが内包するマイクロRNAによるがんの転移メカニズムの解明と診断への応用、そしてエクソソームを標的とした新規治療法の開発はこれからの新しい研究分野であると考えています。がんに限らず、様々な疾患の進展にエクソソームの役割がこれまで解明されていることから、これらの疾患にも我々が開発するエクソソームを標的とした診断法や治療法が利用できるように研究・開発に取り組んでいます。

 

 分子細胞治療研究部門のホームページはこちらから

 

お問合せ

〒160-0023

東京都新宿区西新宿6-7-1

東京医科大学病院

TEL:03-3342-6111(内線6168)

部門紹介

●基盤研究領域

 免疫制御研究部門

 運動器科学研究部門

 分子細胞治療研究部門

 難病分子制御学部門

●シンクタンク機構

 知的財産探索・技術移転(TR)部門

 臨床研究コンサルテーション部門

西新宿キャンパス

 共同研究センター

 分子生物・細胞部門

 病理・画像部門

●新宿キャンパス

 共同研究センター

●低侵襲医療開発総合センター

●分子標的探索センター

●寄附講座

 分子予防医学

 未来医科学研究

●産学連携講座

 細胞治療研究開発

 細胞外小胞創薬研究