分子腫瘍研究部門 大屋敷純子 教授

研究スタッフ

教  授   大屋敷 純子
講  師   梅津  知宏
助    教   今西   哲
博士研究員    東  剣紅

助  手

  小林  千晶
技術補佐員   山本 ゆかり
技術補佐員

  櫻井 まり子

大学院生

  大須賀 美穂

大学院生

  武内   健

卒研学生

  高橋  諒子

卒研学生

  関野  知聖

研究概要

東京医科大学では、過去2回のハイテク・リサーチ・センター整備事業(平成10年度-平成14年度、平成15年度-平成19年度)を展開する中で、免疫関連疾患及び悪性腫瘍などの難病の発症機序、病態解明、及び新規治療法の開発等を行ってきました。平成20年度には「分子情報に基づく難病研究拠点形成」が文部科学省・戦略的基盤研究推進事業として選定され、平成22年度より当研究部門は「難病治療研究センター」から「東京医科大学・医学総合研究所・分子腫瘍研究部門」と組織・名称変更されました。平成25年秋には西新宿の新教育研究棟13階に移転し、文科省プロジェクトを軸とした西新宿キャンパスの研究拠点としてがん征圧を目的とした基礎と臨床の橋渡し研究を担当します。


分子腫瘍研究部門のホームページはこちらから

お問合せ

〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-7-1
東京医科大学病院 
TEL 03-3342-6111(内線5171)

FAX 03-3345-0185  

部門紹介