運動器科学研究部門 中島利博 教授

研究スタッフ

教  授     中島  利博
講  師     藤田  英俊
講  師     荒谷  聡子
客員研究員     中島  若巳
客員研究員     佐藤  幸男
大学院生     横田  真穂 
書  記     山内  早有里  

研究概要

 これまで人類が経験したことのない超高齢化社会と飽食の時代を迎え、国民の大きな関心は健康的で活動的な生活であり、それを阻む代表的な病態がロコモーティブシンドロームとメタボリックシンドロームであることは明白です。関節痛を訴える患者数は全国で約 800 万人、関節リウマチは 80 万人、肥満に関しては成人の男性約 30 %、女性約20 % と推定され、医療政策上今世紀の最大の問題となっています。

 わたしたちはロコモーティブシンドロームの代表的疾患である関節リウマチの関節よりE3ユビキチンリガーゼ シノビオリンを発見しました。同遺伝子の機能解析により、癌、肝硬変、さらに代謝性疾患に密接に関与することを世界に先駆けて報告しました。さらに、シノビオリン抑制剤開発に成功しています。今後、わたしたちの研究チームは大学における先端科学のノウハウを活用し、病態研究とともに、そのトランスレーショナル研究の産物である上記の化合物の薬理作用の分子メカニズムを明らかにし、上記疾患群の国民へ科学的裏付けのある医薬品・サプリメントを提供するためのプラットフォームを形成することを目指します。

お問合せ

〒160-8402

東京都新宿区新宿6-1-1

東京医科大学 
TEL:03-3351-6141(内線478)

FAX:03-3351-6166

Mail:marlin@tokyo-med.ac.jp  

 

運動器科学研究部門のホームページはこちらから

部門紹介

●基盤研究領域

 免疫制御研究部門

 運動器科学研究部門

 分子細胞治療研究部門

 難病分子制御学部門

   小児難病部門

●シンクタンク機構

 知的財産探索・技術移転(TR)部門

 臨床研究コンサルテーション部門

・国際保健医療部門

・医療政策部門

臨床共同研究センター

 分子生物・細胞部門

 病理・画像部門

●中央校舎共同利用研究室

●寄附講座

 分子予防医学

 未来医科学研究

●産学連携講座

 バイオミメティクスシンパシーズ

 (BM-S)幹細胞治療学研究